健康・メンタル

後悔からの立ち直り

anthony-tran-677896-unsplash

今月30歳になりました。

平成最後の夏という言葉が流行ってますが皆さんはどうお過ごしですか?

例年よりも梅雨明けが早かった今年は猛暑が続き夏バテをした方も多いのではないでしょうか?

私の30年間は平成で始まり平成で終わりました。
と言ってもギリ昭和なんですけどね。

話は変わりますが、30歳以上の大人ガールの皆さんは30になって何か変わりましたか?
見た目が衰えるのは当たり前なのでそこは省きます。

よく30になったからといって何も変わらないという声を聞きます。
結論から言えばその通りです。
精神年齢はいつだって20台。
でも私は30歳。

周囲からみた私は紛れもなく30歳。
立派な大人です。

何をするにも30なんだからというフレーズが頭の中によぎります。

良い時も悪い時にもこのフレーズは片時も離れません。

思えば私の人生は全てにおいて後悔ばかりしてきました。
その時から今に至るまで全ての選択をしてきたのは紛れもなく私自身。

でも未だに過去の自分自身の言動・行動を思い出しては辛くなっています。

よっぽどの人ではない限り、思い出したくない過去や人の存在がある方の方が多いのではないでしょうか。
それでもどんなに辛い過去があっても人はそんな痛みや傷を抱えて死ぬまで生きていかなければなりません。

私は昔から人と会った時の(特に初対面の人に対して)言動を思い出しては、
「あんな言い方しなきゃ良かった。」
「絶対何この人って思われた」
と後悔ばかりしています。

頻度は減ったものの、やっぱりつい最近も好印象を残さなければならなかった人とのやりとりで後悔しています。
相手にはあまり良い印象持たれなかったよねと思うあまりに、後悔がよぎり無駄な回想を続けてしまっています。

この記事はそんな自分自身を葬るために、前に進むために書いています。

いくら過去の自分を後悔しても、もう戻らないし相手から見た私の印象も変わらない。
だからこのうじうじ悩んでる時間自体が無駄。
でもただ悩んでいても仕方ないので、反省をします。

もうちょっと言葉に出す前に一回考えてから口に出そう

これは結構前から自分でもわかっていることなのに、やっぱり簡単には直せないみたいです。

でもこんな自分自身でも認めて受け入れないと可哀想です。
次回会う機会が会った時は今回の反省を活かして、完璧にはできなくても、10個ある会話の内、一度でも自分が後悔する言動・態度はしないようにしよう。

30になってもこんな性格なんですから30になったからと言って変わる訳がありません。
でも自分自身で少しでも変わりたい。
こんな女性になりたいというイメージがあるなら、そこに向かって進むことはできます。

私はこんな自分に前から嫌気がさしていますが、それでもまだ諦めたくない。
変わりたい。
自分を好きになれる自分になりたいです。

1から100を目指すのはやめましょう。
1から3位で良いと思います。

これだって立派に進んでいます。
アリとキリギリスの話を思い出してください。

1年後、3年後、5年後の自分が理想とする30代を過ごせているように止まりそうなくらいノロノロでも進むことを辞めずに一緒に頑張りましょう^^